読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とカフェやってますけど、なにか?

お店の情報少しと、映画の感想やおいしいものなどをつぶやきます。

「ちょっと不気味だったこと」の巻き

盲腸(慢性虫垂炎)の手術で入院しています。明日退院予定です。

 

緊急手術というものではなく、病院のベッドの空きがでたら、入院して手術しましょうということになっていました。

 

結果、誕生日に入院して結婚記念日の前日に手術というなんともはやのスケジュールになってしまったことは、やむ無く承諾。


f:id:mahorobacafe:20170323131246j:image

 

手術後、術後患者用の三人部屋に入りました。


その部屋でお隣りのベッドは、おばあさんでした。カーテンで仕切られているので顔は見ていません。

 

そのおばあさん、昼間、先生や看護師さんが来て名前を呼んでも、ほとんど無反応。看護師さんは、心配して大きな声で呼び掛けます。少し目を開けて反応すると「よかった~。眠いのかもしれんけど、呼んだら返事だけでもしてくれんと、ドキドキするわ~。」「昼間寝ると夜寝れんで、起きとってよ~。」なんて状態。
どうも、昼と夜が反転しちゃってるよう。

 

せっかく家族がお見舞いに来て話しかけても、ほとんど無反応。薄目を開けて「あ~、う~。」なんて言うぐらい。(あっ、今ちょっとだけ目開けたよね?なんて会話が聞こえてくる)


女子高生や女子大生ぐらいのふたりのお孫さんが、明るく話しかけても、ほとんど受け答えしないので、「寝てたそうだから今日は帰るね」と帰ってしまうような始末。


その病室に入ってから3日目の夜のこと。
その日は消灯時間の10時になってもあまり眠たくならず、すぐには眠れそうになかったので、30分~1時間ほどヘッドホンで音楽なんか聴いてたりしてました。

 

そうしたら、隣のベッドからゴソゴソ動いてシーツの擦れる音がしてくるじゃありませんか。

 

(おっ!?お目覚めか?)

 

でも、そのゴソゴソが、ほとんど止むことなくずっと続くんです。しかも、そのうちにペットボトルの口を開けるような音がして、「ゴックン」なんて水飲む音まで聞こえてきて。

 

その不気味さたるや。

 

 

もちろんカーテンで仕切られているので、見えないんですが、なんか不気味な光景しか想像出来なくて。
いや、このおばあさん、ただ昼夜反転しちゃってるだけだとはわかっちゃいるんですけどね。

 

もうそのあとは、暗い中で、昼間には看護師さんのたちが来るとき以外ほとんど物音のしなかったはずのお隣さんから聞こえてくるゴソゴソ音が、気になって気になって、こっちも不気味さで目がらんらんになって、眠ることなんか出来やしない。

 

我慢できずに、1時半にナースステーションに行き、「寝れません····」と泣きをいれ安眠剤をもらい、それでなんとか朝まで眠ることができました。

 

たまたま翌日、部屋移動することになったので、ホント助かりました。

 

いやぁ、ホント不気味で、今思い出しても、ちょっとゾッとします。

 

カフェまほろ

http://www.mahoroba.nagoya

 

facebookはこちら

https://m.facebook.com/cafe.mahoroba/

 

 

「旨い」の巻

先日、伏見の立呑屋さんで。

 


f:id:mahorobacafe:20170316084706j:image
f:id:mahorobacafe:20170316084718j:image
f:id:mahorobacafe:20170316084728j:image


日本酒は美味しい。いや、「美味しい」という言い方ではなく、「旨い」のほうがぴったりな気がします。

 

 

カフェまほろ

http://www.mahoroba.nagoya

 

 

「コメディー映画『モンスター上司』を観た」の巻  

2011年アメリカのコメディー映画です。

(2014年には続編も製作されていますが、日本では未公開)


f:id:mahorobacafe:20170305124910j:image

ニック、カート、デールの3人は、それぞれどうしようもない上司にうんざり。ニックの上司はパワハラ上司、カートにはバカな二代目社長、そして歯科助手のデールはセクハラ歯科女医に悩まされていた。


f:id:mahorobacafe:20170305124945j:image


f:id:mahorobacafe:20170305124958j:image


f:id:mahorobacafe:20170305125016j:image

3人で愚痴を言い合っているうちに、あまりの酷さにやつらを殺してしまおうという話になり···。


f:id:mahorobacafe:20170305125037j:image

下ネタ満載ですが、かなり笑えます。

 

ケビン·スペイシーや、コリン·ファレル、ジェイミー·フォックスらの演技も見物の作品で、なにも考えずに笑いたい時にお薦めの一作です。


f:id:mahorobacafe:20170305125103j:image

 

 

カフェまほろ
http://mahoroba.nagoya

facebookはこちら
https://m.facebook.com/cafe.mahoroba/

 

 

「赤ワイン」の巻

木曜日の夜、仕事帰りに嫁さんと待ち合わせてご飯を食べに行きました。

 

赤ワイン飲みながら、


f:id:mahorobacafe:20170305093721j:image

 

サラダ食べて、


f:id:mahorobacafe:20170305093750j:image

 

サラダ食べて、


f:id:mahorobacafe:20170305093810j:image

 

ミックスフライ食べて、


f:id:mahorobacafe:20170305093834j:image

 

ビーフシチューを食べました。


f:id:mahorobacafe:20170305093931j:image

 

どれもみんな、美味しくいただきました。

 

ほろ酔い気分でぶらぶらし、


f:id:mahorobacafe:20170305094022j:image

 

日本酒専門のお店があったので、

つまみ二品で少しだけ飲んで、


f:id:mahorobacafe:20170305094111j:image

 

帰りにドンキホーテでワインを買いました。

昨日(土曜日)の夜、そのワインを飲みながら晩ご飯を食べました。


f:id:mahorobacafe:20170305094310j:image

 

よくよく考えたら、金曜の夜も飲みに行ってタイ料理店で赤ワインを飲んだので、三日続けてワインを飲んでます。

 

フランス人か山梨県人になったような気分です。

 


f:id:mahorobacafe:20170305094440j:image

 

カフェまほろ

http://mahoroba.nagoya

 

facebookはこちら

https://m.facebook.com/cafe.mahoroba/

 

 

「映画『百円の恋』を観た。超面白かった」の巻

2014年の日本映画。

評判は聞いていましたが、観たのは初めて。

 

f:id:mahorobacafe:20170301200541j:plain

お話は・・・

 

実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。

(映画.comから引用)

 

という内容です。

国内でなんかいっぱい賞を獲ってる作品だけあって、超面白かった。

 

f:id:mahorobacafe:20170301200611j:plain

最初の自転車漕いでるシーンみて、これは絶対面白いと確信した。声出して笑ったシーン多々あった。

しかし、兎にも角にもダメ女の主人公一子(いちこ)を演じる安藤サクラに尽きるでしょう。

 

まぁ、だらしなく体たらくでクズの様な生活をしている女。顔の表情から身体つきまでだらしない。お尻ポリポリ・・・。

そんな彼女が、まさに豹変。よくもまぁ、あのだらしない肉体&精神 → キレッキレに変身したもんだ。顔つきがしまるとやっぱりお母さん(安藤和津)を彷彿とさせる表情になりましたね。

 

f:id:mahorobacafe:20170301200637j:plain

f:id:mahorobacafe:20170301200657j:plain

f:id:mahorobacafe:20170301200714j:plain

安藤サクラという女優さんの女優魂を観させてもらった作品でした。

評判通り、安藤サクラ凄い・・と打ちのめされました。

 

f:id:mahorobacafe:20170301200757j:plain

f:id:mahorobacafe:20170301200733j:plain

 

 

Facebookはこちら

 

「朝日新聞の記事に···」の巻

おはようございます。

 

今朝の朝日新聞の東海地域版「ぐるり東海」雁道商店街通信。

 

なんと、紹介されたカフェ、喫茶店のなかにうちのお店も。


f:id:mahorobacafe:20170225094720j:image

幻のカフェって·····ちゃんと存在してますから。(笑)

 

朝日新聞さん、ありがとうございます。


f:id:mahorobacafe:20170225094741j:image


f:id:mahorobacafe:20170225094805j:image


カフェまほろ
http://www.mahoroba.nagoya

facebookはこちら
https://m.facebook.com/cafe.mahoroba/

 

「 映画『恋愛適齢期』 ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン主演 (2004年) を観た」の巻

20代の女性とばかり付き合っていて同年代の女性との付き合いをしたことがない60過ぎの独身男性ハリー(ジャック・ニコルソン)。

 

恋人のマリンの別荘で心臓発作で倒れたハリーがマリンの母親エリカ(ダイアン・キートン)に介抱され・・・。というところから話は始まります。


f:id:mahorobacafe:20170216071849j:image

 

邦題は、ジャック・ニコルソン主演男優賞でオスカーを取った「恋愛小説家」の柳の下のどじょう...を狙ったのか?と思ったのですが、いやいやどうして「恋愛適齢期」でしっくりな気がしました。(邦題に感心するのはめずらしい)


f:id:mahorobacafe:20170216071905j:image

名優ふたりの演技、素晴らしい。ダイアン・キートン、しわくちゃだったけどキュートで可愛らしいし、ジャック・ニコルソンは笑えた~。


f:id:mahorobacafe:20170216071923j:image


f:id:mahorobacafe:20170216071932j:image

すごく笑えて、すごくいい恋愛映画でした。


f:id:mahorobacafe:20170216071944j:image

 

カフェまほろ
http://www.mahoroba.nagoya

facebookはこちら
https://m.facebook.com/cafe.mahoroba/