読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とカフェやってますけど、なにか?

お店の情報少しと、映画の感想やおいしいものなどをつぶやきます。

映画・ドラマ

「コメディー映画『モンスター上司』を観た」の巻  

2011年アメリカのコメディー映画です。 (2014年には続編も製作されていますが、日本では未公開) ニック、カート、デールの3人は、それぞれどうしようもない上司にうんざり。ニックの上司はパワハラ上司、カートにはバカな二代目社長、そして歯科助手のデー…

「映画『百円の恋』を観た。超面白かった」の巻

2014年の日本映画。 評判は聞いていましたが、観たのは初めて。 お話は・・・ 実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その…

「 映画『恋愛適齢期』 ジャック・ニコルソン、ダイアン・キートン主演 (2004年) を観た」の巻

20代の女性とばかり付き合っていて同年代の女性との付き合いをしたことがない60過ぎの独身男性ハリー(ジャック・ニコルソン)。 恋人のマリンの別荘で心臓発作で倒れたハリーがマリンの母親エリカ(ダイアン・キートン)に介抱され・・・。というところから…

「『それでも恋するバルセロナ』を観た」の巻

親友同士のヴィッキーとクリスティーナが、ひと夏をバルセロナで過ごすという恋愛コメディーもので、ペネロペ・クルスがアカデミー助演女優賞を取ったウディ・アレン監督の2008年の作品。(ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞してます。) ナレーターがちょ…

「カンバーバッチの『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を観た」の巻

第2次世界大戦下、ドイツ軍の暗号エニグマを解読する天才数学者アラン・チューリングのお話。 カンバーバッチ、よかったぁ。キーラ・ナイトレイとマシュー・グード、それとマーク・ストロングもよいよい。 ということで、ネタバレなしであらすじは書きません…

「悪もんジョージ·クルーニーの『フロム・ダスク・ティル・ドーン』を観た」の巻

監督ロバート·ロドリゲス、脚本タランティーノ、主演ジョージ·クルーニーの1996年米のコメディーホラー(なのかな?)映画。 前半、ジョージ・クルーニの凶悪な悪もんぶりと、タランティーノの狂気ぶりがいい味出てて面白い。 後半、吸血鬼が出てきてからは、…

「映画『メイジーの瞳』を観た」の巻

映画公開時に映画館で観たので2回目の鑑賞になります。 大人の事情を見せられ聞かされ、嫌だったろ、メイジー 不安そうな表情に胸が締め付けられるような気持ちだったよ、メイジー それでも、パパもママも大好きなんだよな、メイジー 「一番愛してる」なんて…

「これは実話である・・の映画版とドラマ版 『ファーゴ』 を観た」の巻

コーエン兄弟のサスペンスでありながらコメディ的要素の強い映画「ファーゴ」(1996年/米) 大好きな作品です。女性警察署長マージ役のフランシス・マクドーマンドと犯人のうちのひとりカール役のスティーブ・ブシェミが最高でした。笑えた。 ドラマ版「フ…

「お下劣、ブラックジョーク満載の人形劇映画の『チーム★アメリカ/ワールドポリス』を観た」の巻

邪悪なテロリスト達を武力で叩き潰す国際警察「チーム・アメリカ」を描く操り人形(マリオネット)劇。(2004年/米) 人形劇とはいっても、全てにおいて過激すぎるためR-18指定作品となっている。全く教育上よろしくないシーンの連続です。ひょっこりひょう…

「チェット・ベイカーを描いた『Blueに生まれついて』を観た」の巻

昨夜は、嫁さんと映画鑑賞。 ジャズのトランペッター、チェット・ベイカーを描いた「ブルーに生まれついて」 19時からの回を観たんですが、伏見ミリオン座は指定席ではなく自由席。1日の映画の日ということもあり混むだろうと思い、予め会社のお昼休みにチケ…

「なんともいえぬ気味の悪さ漂うSFホラー映画『スプライス』を観た」の巻

2011年日本公開のSFホラー映画。 こんな事ホントに起こったら怖い怖い怖い。科学者が倫理を失ったら取り返しのつかないことになるのだ。ホント、世の科学者の皆さん、頼みますよ...。 お話は、クライブとエルサという科学者夫婦が、DNAを結合して作り出した…

「ギレルモ・デル・トロ監督の『クリムゾン・ピーク』を観た」の巻

日本公開は2016年1月のギレルモ・デル・トロ監督のゴシックホラー映画(というんですね)。 20世紀初頭のお話。10歳の時に亡くした母親の幽霊がイーディスに言った言葉「クリムゾン・ピークに気をつけなさい」 イーディスはその時は意味が分からなかったんだ…

「ホラー映画『ハウンター』を観た」の巻

2013年カナダ・フランス合作のホラー映画。 主人公リサは、16歳の誕生日の前日を毎日繰り返していることに気付いていた。そのことに全く気付いていない家族に説明しても相手にされない。霧深い家の外に出ても結局自宅に戻ってしまい、逃げることもできない。…

「小説、映画ともに面白い『ジャッカルの日』を観た」の巻

むか~し昔、若い時に夢中になって読んだフレデリック・フォーサイスのサスペンス小説「ジャッカルの日」。 1973年に映画化されています。 フランス大統領ドゴールの暗殺を請け負った殺し屋コードネームはジャッカル。 正体不明のジャッカルを追う当局との攻…

「絶叫、日本上陸。の『インシディアス』を観た」の巻

え~ん・・・。怖かった~。あんなの家にいたらヤダよ。(泣) 2010年のアメリカ合衆国のホラー映画です。 新居に引っ越したら怪奇現象に見舞われるといったよくあるパターン。その後、長男が昏睡状態に。きっと家のせいだとまた引っ越したけど・・・。ダメ…

「ひたすら殺戮の『パージ:アナーキー』を観た」の巻

昨日はハロウィン。 何か映画でも観ようと思い、ハロウィンってなに?世代ですが、DVDのパッケージがなんとなくハロウィンっぽいなという理由でこれにしようと、内容もよく知らずに観てみた。 「1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる」というわけ…

「泣ける映画 『マイ・フレンド・フォーエバー』を観た」の巻  

これは、何回観ても泣いてしまう映画。 べたな内容だし途中ちょっとたれるところがある気もするけど、そこもラストへの伏線。 ずっとDVD化されなかったけど(ビデオはあったけど)、今はDVDがあるので観てない人には一度観てほしい作品。今は亡き主役のブラ…

「いまさらかよ・・と言わないでね『ビリギャル』を観た」の巻

遅まきながら、大変遅まきながら映画「ビリギャル」を観ました。 いや、面白かったし、内容もよかった。有村架純も可愛かった。 これは、学年ビリから頑張って慶応大学に合格した女子高生もホントすごいけど、伊藤淳史演じる塾の坪田先生がすごいのね。 あ、…

「特にお薦めはしませんが・・『ナチョ・リブレ 覆面の神様』を観た」の巻  

「ハイ・フィデリディ」「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック主演の2006年アメリカのコメディ映画です。 子供の頃からずっとレスラーに憧れていた、孤児として修道院で育てられ今は修道院の料理番の主人公ナチョ。 修道院は材料費が乏しくまとも…

「なんの重さなのか?『21グラム』を観た」の巻

2003年アメリカ映画 ひとは死ぬと誰でも必ず体重が21グラム減るという。魂の重さ21グラム。 心臓移植を待つ男の家族と、ひき逃げ事故で夫とふたりの娘を失ない、夫の心臓を移植提供することになってしまった女、そしてその事故を起こしてしまった男の家族。 …

「カッコいいぞ!『あるいは裏切りと言う名の犬』を観た」の巻

実話を基にした、監督は元警官という刑事映画。(2004 / 仏) タイトルのカッコよさに惹かれて観たら、タイトル通りカッコよかったど。男の映画だったど。ハードボイルドだど! カフェまほろばhttp://www.mahoroba.nagoya/ Facebookはこちらhttps://www.face…

「あっという間の120分 『ジェイソン・ボーン』を観てきた」の巻

ホント待ちに待ってた続編なわけで・・。3部作のDVD、何回観たことやら。 そりゃ、「ボーン・レガシー」も面白かったですよ。ジェレミー・レナーのアーロンもよかったし。 でも、やっぱりボーンじゃないのにボーンってつけるなよ。ボーンシリーズ第4作ってな…

「上映時間が95分で助かった・・ 『127時間』 を観た」の巻

2010年の作品。これも映画館に観に行きたかったけど行けなかった映画です。 ブルー・ジョン・キャニオンという渓谷をひとりでロッククライミング中に、谷間に落下し一緒に落下してきた岩に右手を挟まれる。 ひとは誰も来そうにない場所なので発見されること…

「スパイドラマ 『ナイト・マネジャー』を観た」の巻

「ナイロビの蜂」「裏切りのサーカス(ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ)」など映画化された作品も多い小説家ジョン・ル・カレのスパイ小説をドラマ化した作品です。(全8話) トム・ヒドルストン演じる主人公ジョナサン・パイン。 そして、ヒュー…

「ソウルの神様 レイ・チャールズの伝記映画『Ray』を観た」の巻

盲目の天才ミュージシャン、レイ・チャールズの一生を描いた2004年アメリカ製作の伝記映画。 実力はあるが盲目がゆえに不遇な身から、その才能を見出されトップスターへと階段を登っていくレイ・チャールズ。 しかしそこには、幼い頃の弟の事故死や母親との…

「緊張感バリバリのサスベンス映画『ノーカントリー』を観た」の巻

ご存知、2007年アメリカ映画製作の、 麻薬密売に絡んだ大金を手にした男が非情な殺し屋に追われるという巨匠コーエン兄弟が監督のスリラー・サスペンス映画ですね。アカデミー賞獲ってます。 気の抜きどころなく緊張感が続くので、辛抱たまらず途中で止めて…

「WOWOWドラマ『推定有罪』を観た」の巻

何年か前に放送したWOWOWのドラマ「推定有罪」を観ました。 12年前の少女殺人事件で12年間投獄されていた男が冤罪だった。徹底した取材のうえ犯人だと確信していたとはいえ冤罪に導いてしまう記事を書いてしまった週刊紙記者、無実の男を嘘の自白に追い込み…

「サスベンス映画『瞳の奥の秘密』を観た」の巻

アカデミー賞外国語映画賞受賞のアルゼンチン映画(2009年)。 サスペンスとしても人間ドラマとしてもすばらしい作品ではないでしょうか。 人物設定も話の展開方法もいい。映像もいい感じで、特にサッカースタジアムの上空からの映像から長回しで犯人確保ま…

「アン・ハサウェイ主演のサスペンス映画 『パッセンジャーズ』 を観た」の巻

ああそういうことなのね系の映画「パッセンジャーズ」を観ました。 そっちのパターンだったのねと割と面白かったです。 その真相を追ってはいけない 飛行機事故で奇跡的に 生き残った5人の乗客 何故、彼らだけが生き残ったのか? アン・ハサウェイ 「パッセ…

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)を観た」の巻

映画館に行けなかったんですが、ようやく観ることが出来ました。 ご存知、2015年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本章などを獲った作品ですね。 「バードマン」というヒーロー映画で一世を風靡したリーガン・トムソンという俳優。いまは世間から忘れら…

「サスペンス映画 『特捜部Q キジ殺し』 を観た」の巻

「特捜部Q」シリーズの映画化第2弾「特捜部Q キジ殺し」を観ました。 2014年のデンマーク映画です。 このシリーズは「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の製作スタッフが作っているのですが、細かいところまでよく作られていてすごくいいです。デビット・…

「ホラー映画 『モールス』を観た」の巻

2010年のバンパイアものです。 観始めてちょっとしてジャングルジムで少女と会うあたりで「あれ?これ見たことあるな。」と思ったんだけど、どうもなんか「?」の状態で最後まで観て・・。 観終ってから調べたら「ぼくのエリ 200歳の少女」のリメイクだった…

「海外ドラマ ヴァイキング ~海の覇者たち~(VIKINGS)を観ています」の巻

ハマってしまいました。 イングランドとフランスを征服し名をはせたという伝説のヴァイキング、ラグナル・ロズブロークの物語を描いた海外ドラマ「VIKINGS」です。 シーズン2まで観終りました。 闘いのシーン、生け贄、処刑といった残虐なシーンが多…

「M・ナイト・シャマランの『ヴィジット』を観た・・ら、怖かった」の巻

2015年製作のアメリカのホラー映画。 15歳の姉と13歳の弟が、初めて会う祖父母の家に1週間滞在。ホームビデオで撮影をするというよくあるパターン。でも個人的に、このパターンの映像が毎度怖いの・・。 途中でオチは想像できちゃうんだけど、逆にわかってか…

「ラッセル・クロウ、メグ・ライアンの『プルーフ・オブ・ライフ』を観た」 の巻

2000年のアメリカ映画。 南アフリカのある国でゲリラに誘拐された建築技師を救い出す交渉人役をラッセル・クロウが、誘拐された技師の妻をメグ・ライアンが演じる。 無事に人質を救出できるのか...というストーリー。が、ちょっとだけ挟んでくるラッセル・クロ…

「超大好き潜水艦もの 映画『K-19』を観た」の巻

2002年の潜水艦もの映画。 潜水艦ものは「Uボート」「クリムゾン・タイド」など、どれもこれも観ているこっちの方が息苦しくなって緊張感がビシビシ伝わってきて面白い。(「イエロー・サブマリン」はおいといて・・) しかも、この「K-19」は原子力潜水艦で…

「『ある子供』というベルギー・フランス映画を観た」 の巻

2005年のベルギー・フランス映画です。 第58回のカンヌでパルム・ドールを取った作品だということで観てみました。 ご覧になったことがない方は、どういった内容かはYouTubeの予告編を観てもらうとお分かりになると思います。https://www.youtube.com/watch?…

  「好きな映画なんです『バグダッド・カフェ』を観た」 の巻

1987年製作の西ドイツ映画。(ベルリンの壁崩壊の前なんですね) アメリカの砂漠にポツンとあるカフェに来たドイツの女性旅行人とそのカフェに集まる人たちとの交流を描いています。 茶色い土と青い空がとても印象的。カメラワークも面白い。ほんわか心に染…

「あ~、怖かった ホラー映画『エスター』を観た」の巻

2009年のアメリカのホラー映画です。 二人の子供を持つケイトと夫のジョンは、ジェシカと名付けるつもりであった三人目の子供を死産で亡くしてしまう。 ケイトはその悲しみからアルコール依存症になったという過去があり、悲しみにくれるふたりは、孤児院か…

「幻の映画「ブラック・サンデー」を観た」の巻

1977年アメリカ製作のサスペンス・アクション&パニック映画。 スーパーボウルの観客をターゲットとしたテロを阻止できるかどうか・・というサスペンス、主演はロバート・ショウ。 実在のテロ組織を扱っているため、「上映中の映画館を爆破する」という脅迫…

「とてもいい映画『善き人のためのソナタ』を観た」の巻

2006年のドイツ映画。 ベルリンの壁崩壊の約5年ぐらい前から崩壊後数年後のお話。 反体制ではないかとの疑いのある劇作家ドライマンの証拠をつかむために、自宅を盗聴して監視をする国家保安省の局員ヴィースラー大尉とその劇作家の恋人である舞台女優クリス…

「コメディ映画『裸の銃(ガン)を持つ男』を観た」の巻

レスリー・ニールセン主演のコメディ映画、シリーズ1本目(1988年 米)。 もうくだらなくて、笑えます。ドタバタのコメディ、何も考えずにこういうの観てだらしなく笑うのもたまにはいいです。前に観たとき、そんなに笑ったかな?と思うほど、今回は声出して…

「海外ドラマ三昧の8月?」の巻

「プリーチャー シーズン1」観終わりました。超常現象ものなのだがコメディ的な要素も多く、なかなか面白かったです。最高かと言うとそこまでは・・・って感じですが、なんとかシーズン2製作も決まったようなので始まったら観たいとは思います。 そして、「M…

「名作映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観た」 の巻

油田を求めて幼い息子とカリフォルニアに渡る男を描く2007年のアメリカ作品。 いくつも油田を掘り当て富と権力を得ながらも、破滅的な人生を送ってしまう男を演じるダニエル・デイ=ルイスの素晴らしい演技に引き込まれっぱなしでした。納得のアカデミー主演…

「映画『幸せはシャンソニア劇場から』を観た」の巻

2008年のフランス・ドイツ・チェコ映画。 1936年のパリ、経営難のため悪徳不動産業者に取り上げられ閉館したミュージックホール「シャンソニア劇場」を再建しようと奔走する仲間たちの姿を描く作品です。 失業、愛する息子との別れ、反ファシズム運動、恋愛…

「狂気が怖ろしいドイツ映画 『The Wave ウェイヴ』を観た」 の巻

ドイツのとある高校で行われた実習授業のテーマは “独裁制” 。集団狂気にのめり込んで行った心理実験を描く2009年のドイツ映画です。5日間で高校生を洗脳した心理実験の結末は...。 コントロール出来なくなってくるのが怖い。冒頭の「実話に基づく物語」の…

「映画『扉をたたく人』を観た」の巻

初老の教授と移民の青年との心のふれあいを描いた2008年のアメリカの作品です。なんの予備知識もなく観たのですが、よかった。いい映画でした。あとで読んだ作品情報には「扉を閉ざしたニューヨーク。移民青年との出会いと“ジャンベ”の響きが、孤独な大学教…

「映画 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た」の巻

2011年のアメリカ映画です。公開当時スクリーンでも観たのですが、2回目の鑑賞です。9.11アメリカ同時多発テロによるWTCビル崩壊で父を亡くしたオスカー少年が、父が残したひとつの鍵の秘密を探すべくNY市内を回るお話。パパがいなくなった寂しさを乗り越え…

「ジョージ・クルーニー主演の『マイレージ・マイライフ』を観た」の巻

「マイレージ・マイライフ」2009年のアメリカ映画です。先日、「ピ-スメーカー」を観て、ジョージ・クルーニーの映画はあまり面白く感じないというようなブログを書いたのはボクです。面白いと思ったのは、オーシャンズ、パーフェクト・ストーム、フロム・…

「サスペンス・アクション映画 ケープタウンを観た」の巻

オーランド・ブルーム、フォレスト・ウィテカー主演の2013年仏・南アフリカ共和国合作のサスペンス・アクション映画。ケープタウンで子供の方不明が多発する中、若い女性の殺人事件が起こり捜査に当たったアリ(ウィテカー)とブライアン刑事。ブライアンは…