読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とカフェやってますけど、なにか?

お店の情報少しと、映画の感想やおいしいものなどをつぶやきます。

「メリル・ストリープ主演の 8月の家族たち を観た」の巻


重苦しい雰囲気の冒頭シーンからタイトルコールでクラプトンの「レイ・ダウン・サリー」の軽快な前奏が流れ出す。うわ~と鳥肌。掴まれました。

f:id:mahorobacafe:20160316060539j:image

細かい内容は書きませんが、この家族、一族は、みんな何らかの問題を抱えていて、でもってみんな自己中で自分本意、自分の思っていることを相手にぶつける人物ばかり。親子、姉妹、親戚、みんなバラバラです。

f:id:mahorobacafe:20160316060626j:image

自殺した夫の葬式後の家族(一族)の食卓シーン。このシーンはすごいです。特にメリル・ストリープジュリア・ロバーツがすごい。

f:id:mahorobacafe:20160316060601j:image

観ていて聞いていて、胸くそ悪いです。それだけふたりの演技がすごいということなんですけど。

f:id:mahorobacafe:20160316060648j:image

しかし、大声でまくし立てて悪態つき
言い負かし、その時はスカッとしても、結局その結果が我が身に降りかかってきますよね。回りからひとがいなくなってしまったりしますからね。

f:id:mahorobacafe:20160316060805j:image

相手に敬意を払わないコミュニケーションは、よろしくないですなぁ。

f:id:mahorobacafe:20160316060705j:image


クリス・クーパー演じるチャールズが、息子リトル・チャールズ(ベネディクト・カンバーバッチ)をかばうシーンに家族愛を感じられて、ちょっと救われました。いいシーンでした。

f:id:mahorobacafe:20160316060724j:image

とにかく、メリル・ストリープ演じるバイオレットの毒舌ぶりは必見かも。

f:id:mahorobacafe:20160316060736j:image

カフェまほろ

Facebookはこちら