読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とカフェやってますけど、なにか?

お店の情報少しと、映画の感想やおいしいものなどをつぶやきます。

「ミヒャエル・ハネケ監督のピアニストを観た」の巻


白いリボン」「愛、アムール」のハネケ監督の作品で、2001年のカンヌで審査委員グランプリなど3つの賞を獲得した作品ということ、またネット上でも高評価だったということもあり気合い入れて観たのですが、ボクには合わなかったのか、いまいちでした。

f:id:mahorobacafe:20160517085712j:image

戦場のピアニスト」「海の上のピアニスト」「4分間のピアニスト」と題名にピアニストがついてる映画は面白かったという印象もあって期待してたんですけどね。


なにがしっくり来なかったのか?
ネタバレしないように、詳しいストーリーは書きませんが...。

40過ぎ独身で厳しい母親と二人で暮らしている美人のピアノ教師エリカが若い生徒ワルターから求愛されるのですが、初めは頑なに拒んでいたエリカが隠していた性的趣味をワルターにぶつけ・・。(ありゃ?充分ネタバレか?)
いろんな愛の形はあるとは思うけど、普通がいいです。(^-^)

f:id:mahorobacafe:20160517085735j:image

f:id:mahorobacafe:20160517085754j:image


なんともやりきれない感じのハネケ色は出てて、さすがという作品なんでしょうが、ボクには少々きつい作品でした。結局よくわからなかったということです。ハネケさんについていけなかったボクがいけないんです。ごめんなさい...。(T_T)

f:id:mahorobacafe:20160517085809j:image




f:id:mahorobacafe:20160517085841j:image
カフェまほろ

Facebookはこちら