読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とカフェやってますけど、なにか?

お店の情報少しと、映画の感想やおいしいものなどをつぶやきます。

「極上のサスペンス『真実の行方』を観た」の巻


リチャード・ギアエドワード・ノートン共演の1996年アメリカの極上サスペンス映画です。

f:id:mahorobacafe:20160630062822j:image

惨殺な大司教殺害事件で現場から逃走中に捕まった容疑者の青年アーロン(エドワード・ノートン)、野心に満ちた有名弁護士マーティン(リチャード・ギア)が無償での弁護を申し出る。
裁判が始まってからの接見中にアーロンは実は二重人格でロイと名乗る人格も持っていることがわかる。

f:id:mahorobacafe:20160630062906j:image

f:id:mahorobacafe:20160630063156j:image

f:id:mahorobacafe:20160630062944j:image

f:id:mahorobacafe:20160630063004j:image
ネタバレしないようにここまでしか書きませんが、ここから益々面白くなってきます。裁判の最後はこうなるだろうなぁというのはうすうす想像はできました。でも、そのあとのラストはさらにビックリします。直前にあれ?もしかして?とは思いますけどね・・。

f:id:mahorobacafe:20160630063035j:image
f:id:mahorobacafe:20160630063050j:image
f:id:mahorobacafe:20160630063102j:image

とにかく。リチャード・ギアここにあり! エドワード・ノートンすばらしい! という面白いサスペンス映画です。

f:id:mahorobacafe:20160630063132j:image

カフェまほろ

Facebookはこちら