読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とカフェやってますけど、なにか?

お店の情報少しと、映画の感想やおいしいものなどをつぶやきます。

「死の商人を描いた映画『ロード・オブ・ウォー』を観た」の巻


武器商人たちの取材から実際の出来事に基づく2005年のアメリカ政策のフィクション映画です。

f:id:mahorobacafe:20160727070438j:image

ニコラス・ケイジ演じるウクライナ出身のユーリは、あるときマフィアの銃撃戦に遭遇した。それを発端にユーリは武器商人になることを決意し、素人から史上最強の武器商人と呼ばれるまでになる。

f:id:mahorobacafe:20160727070531j:image

f:id:mahorobacafe:20160727070439j:image


詳しい内容は書きませんが、ソ連が崩壊し余ってしまった武器を買い取りアフリカの独裁国家などに横流しするユーリを、インターポールの刑事ジャックが追跡するが、ユーリは法の網をうまくすり抜けなかなか尻尾を現さないが、やがてそんなユーリの生き方に、妻や弟が絡んで悲しい結末が・・。


f:id:mahorobacafe:20160727070644j:image
f:id:mahorobacafe:20160727070441j:image
f:id:mahorobacafe:20160727070530j:image


ユーリが相棒にする弟ヴィタリーには「ミスター・ノーバディ」のジャレッド・レト、ユーリを追う捜査官ジャック・バレンタインには「カダカ」のイーサン・ホークが好演しています。

f:id:mahorobacafe:20160727070440j:image

f:id:mahorobacafe:20160727070442j:image

証拠はつかめなかったが、バレンタインがユーリを24時間だけ拘束するときに言ったセリフが良かった。

「お前の動きを24時間封じることで犠牲者たちの死を先送りできる。お前から一日を奪うんじゃない。罪のない人々に生きられる一日を与えるんだ。」

最後に流れるテロップ

「個人経営も繁盛しているが、最大の武器提供者は 米・英・露・仏・中 である。この五か国は国連安保理常任理事国でもある。」


戦争、内戦、テロが頻発しているこの世界の矛盾を感じられずにはいられない作品です。

f:id:mahorobacafe:20160727070444j:image


カフェまほろ

Facebookはこちら