読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とカフェやってますけど、なにか?

お店の情報少しと、映画の感想やおいしいものなどをつぶやきます。

「『ある子供』というベルギー・フランス映画を観た」 の巻

映画・ドラマ

2005年のベルギー・フランス映画です。

第58回のカンヌでパルム・ドールを取った作品だということで観てみました。


f:id:mahorobacafe:20160812095607j:image

ご覧になったことがない方は、どういった内容かはYouTubeの予告編を観てもらうとお分かりになると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=8gVBnhXFWcw


f:id:mahorobacafe:20160812095631j:image

映画は、ブリュノとソニアという若いカップルに赤ちゃんができたところから始まります。作品について予備知識なしだったので「ある子供」というタイトルからこの赤ちゃんのお話なのかと思い観ていました。


f:id:mahorobacafe:20160812095653j:image

若いふたりは赤ちゃんをほったらかしでじゃれ合うわ、子供を落とさないか、乳母車が車に接触しないか、さらわれないか、と行動が無責任すぎてヒヤヒヤ、ハラハラさせられ「お前らがまだ子供じゃ!」と腹も立ち...。


f:id:mahorobacafe:20160812095706j:image

その後、母性が出てきたソニアはともかく、ブリュノのほうは考えがあさはかで無責任極まりない。「ああ、そうか。タイトルの子供というのは、大人になりきれていないこの若い男ブリュノのことだったのね。」と途中で気付いた次第。


f:id:mahorobacafe:20160812095722j:image

お話は、こうなっちゃうだろうなぁと予想できた顛末ではあったが、ここからふたりは大人になっていけそうだな...という終わり方だったことが救いでした。ちゃんと赤ちゃんをいい子に育ててあげてね~。


f:id:mahorobacafe:20160812095731j:image


カフェまほろ
http://www.mahoroba.nagoya/

Facebookはこちら
https://www.facebook.com/cafe.mahoroba/