読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

細々とカフェやってますけど、なにか?

お店の情報少しと、映画の感想やおいしいものなどをつぶやきます。

「『それでも恋するバルセロナ』を観た」の巻

親友同士のヴィッキーとクリスティーナが、ひと夏をバルセロナで過ごすという恋愛コメディーもので、ペネロペ・クルスがアカデミー助演女優賞を取ったウディ・アレン監督の2008年の作品。(ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞してます。)


f:id:mahorobacafe:20170211073453j:image


ナレーターがちょいちょい解説しながらストーリーが進んでいく作品です。

 

親戚の家に長期滞在するふたりは、画廊でのパーティでフアン・アントニオという画家に出会い、そこからいきなりラブ・バカンス急展開。


f:id:mahorobacafe:20170211073517j:image

前半は、苦手な内容で途中で観るのやめちゃおっかなぁと思ったんですが、フアンの元妻のマリア(これがペネロペ・クルス)が自殺未遂して家に戻ってきてから、とても面白い展開になってきて、最後まで観てしまいました。しかし、みんな自由奔放すぎて、感覚おかしなるわ...。

 

f:id:mahorobacafe:20170211073555j:image


このペネロペ・クルスは、私生活でもフアン役のハビエル・バルデムスカイフォールの悪役シルヴァのひと)の奥さんなんですよね。


f:id:mahorobacafe:20170211073537j:image



カフェまほろ
http://www.mahoroba.nagoya

facebookはこちら
https://m.facebook.com/cafe.mahoroba/